Category: ガジェット

Amazfit bip を買ったよ。

MOTO 360 2nd の寿命 私の愛したMOTO360にとうとう寿命が来たようです…出勤から帰宅まで約一日は使えていたのに最近では多少の残業をすると電源が落ちていました。9時につけて20時ごろまでが限界。 またwearOSになった頃からバッテリー残量の表示がおかしくなりました。70%を下回ると落ちる。つまり70%=0%なのです…最初はそのことに気が付かずさっきまでめっちゃバッテリー残ってたのになんで??ってなことになっていました。 流石に1日持たないのは使えないので泣く泣く新しい時計を買うことにしました。 新しい時計探し さて、時計探しの条件は以下の通り。 スマートウォッチであること 出来ればフェイスは丸型 (今回の教訓から)電池長持ち 防水、防塵 androidとペアリング出来る 4万円以内 できるだけシンプル スマホが大型化してきてバッグを持つ機会が増えました。いちいち取り出すのが面倒なので時計で通知を受けれるということは今の生活では欠かせません。(ポケットに入れてても通知に気が付かず見逃しますしね) MOTO360は防水でなかったためスノボ、キャンプなど野外イベントの際には別の時計をつけていました。専用充電器を持ってくのが面倒というのもあったんですが… 丸型というのは時計=丸型という個人的な固定観念があるからってだけです。 最後まで買うか悩んだスマートウォッチ Amazfitの他にいくつか候補があったので紹介しておきます。 SKAGEN FALSTER これは見た目も機能もかなり好きです。値段も30000円ぐらいです。か、ちょうど新作が出てもうすぐ日本発売という微妙な時期だったので一旦保留。 Nokia スマートウォッチ Steel HR これはアナログに小さなデジタル小窓がついてるミニマルな一品。最近アップデートで通知できるアプリが増えて魅力アップ。 FOSSIL 腕時計 Q EXPLORIST これは普通の時計っぽくてよい。機能とかは平均的。普通というところが最大の魅力。...

iPad用キーボードはこれを買うべき

iPad用キーボードはこれを買うべき

9.7インチ用iPadのBluetoothキーボード なくても全然使えるんですがブログなどの長文を書きたい人は絶対あった方が楽、というか文字入力の効率があがります。どれにするか私もかなり悩みました。 金額 見た目 携帯性(軽さ、薄さ) かなり前にこんな記事を書いていました。 iPad用Bluetoothキーボードを探しています。 このときは会社でiPadが支給されキーボードは自腹ということで安さ重視で泣く泣く買った記憶があります。。 今回はプライベート用なので見た目も重視しつつ選びました。 いろんなタイプがあるんですが分離できるタイプと一体になるタイプがあります。例えば漫画や雑誌を読む場合は分離できた方が重くないので楽だと思います。一体型はバラバラにならないのでキーボードをどこにしまうか、とか行方不明になるということもないのでそういった意味では良いかもしれません。個人的には雑誌を読んだりもしますがどちらかといえば文字を打つことが多いかなと思い分離出来ないタイプを選びました。 それが下の商品です。使わない時は手帳のように折りたたみ、使うときにiPadをおこして使うのですが、キーボード側が磁石になっていて(iPadを立てかける溝のようなものはありません)ピタっとくっつく感じが気持ちいいです。またくっつくと自動的にキーボード側の電源が入るのですぐに文字を打ち始めることができます。値段もかなり安いのでぜひ9.7インチiPadを使っている方は使ってみてください。

iQos互換品jouzが届いた。

jouzはiQOSの互換品だが最大のライバルになりそう こちらのニュースを見て調べていたら事前予約すると1000円引きということだったのですかさずAmazonで予約しました。 [blogcard url=”https://news.mynavi.jp/article/20180621-651114″] 出典:https://www.jouz.com/jp/products/3/jouz 7月21日に届きました。大きさは正規のiQOSのホルダー(タバコスティックをさすほう)より一回り大きいぐらい。旅行用の小型の洗顔剤とかそのぐらいです。私の人差し指ぐらいの長さです(わかりにくくてすいません…) これでバッテリーも含まれるので正規品と比べるとかなり小型です。試しに10本ぐらい吸いましたがバッテリーの残量を示すLEDが3つあるうちの2つは光っています。公称ではフル受電で20本吸えるのでおおよそそのぐらいですかね。 吸い心地や使い心地は? 吸い心地は正規品より雑味がないというか独特の焦げっぽい味がない気がします。また、タバコスティックが挿入しやすくなった気がします。スッと刺さる感じですね。もしかしたらどちはもまだ新しいから、かもしれませんが。 正規品ではたまにきれいに刺さるのと気持ちいいって感じでしたがjouzは基本的に抵抗感を感じません。これは細かいことですがプラスポイントですね。 連続吸いはしてませんのでそこの便利さはまだ実感していませんが小さくなったのはかなりありがたい。 互換品は初めてなので他と比較はできませんが今のところは買ってよかったかなと(ちょうど使ってたiQOSの充電不良症状が出始めていたので) ちなみにこちらの製品は中国製でバッテリー部分はAnkerが協力しているようです。バッテリーで有名になった会社ですから長持ちしてくれることを願います。それから、パッケージが本家に酷似してます(笑)最初びっくりしました…これは実際に購入して実物を見てみてください。 レシートなくさないように注意! 最後にホームページの情報では保証は12ヶ月で交換等の申込みの際はjouzから購入したことが証明できる注文番号やレシートが必要になるようです。Amazon内のjouzで購入しましたがAmazonのダンボールの底にピラっと注文番号が印字されたレシートが入ってましたので間違えて捨てないようにご注意ください。 しばらく使ったら感想書きます。

pokemon Go オートキャッチがつながらないとき

pokemon Go オートキャッチがつながらないとき

1時間に1回切れる、朝起きたら切れてる。 仕組み上1時間に1回接続が切れるようなのでふと気が付くと接続が切れていることがよくあります。バイブをオンにしているとブルブルしなくなったなぁと思ったら大体1時間経過してる感じです。オフにしてたらまったく気が付きません。   では切れた時の再接続はどうしたらいいの? 下記写真の赤丸部分を押すと再接続し始めるのですが結構成功率が低い気がします。そして失敗したときのほうが面倒なので私は使いません。 個人的にはメニューを開いて下記赤丸をタップして一度接続を切ります。その後オートキャッチのボタンを何回か押すと再度接続(表示?)されますのでアイコンをタップして接続させます。これが一番効率的な気がします。 再接続してもまったくつながらなくなった場合は? ①一度上記写真の△をタップして接続を解除 ②bluetoothの設定を開いてペアリングを解除 ③bluetoothをオフ ④端末再起動 ⑤bluetoothをオン ⑥ペアリング ⑦PokemonGo起動 ⑧再接続 これが最強コンボです。③までやればたいてい接続出来るようになります。どうしてもつながらない場合はオートキャッチのバッテリー残量が少なくなっている可能性がありますのでいったん充電(1時間ぐらいで満タンになるようです)してから上記①から試してみてください。  

Pokemon GO オートキャッチを一か月使ってみて

Pokemon GO オートキャッチを一か月使ってみて

以前PokemonGoを自動化出来るツールを紹介しました。 [blogcard url=”https://wp.me/p9ZbkF-a”] 結局オートキャッチという正統派?ツールを購入して1か月がたちました。電池の持ちは?使い心地は?など感想を書きたいと思います。 電池の持ち 正直電池残量がわからないので充電のタイミングがわからないのが不便なのですが仕事の行き帰り、休日なら終日使っていますが2~3日に一回寝ている間に充電すれば問題なく使えています。ネット上では電池が少なくなってくるとスマホとの接続が出来なくなるという情報もありました。これは本当ですね。オートキャッチ自体の電池はまだある(液晶が表示されるのに)スマホとつながらない。ということがあります。南海試してもダメ。こんな時は電池切れだなとあきらめています。   使い心地 一時間で接続が切れるという仕様ですが休日に終日つなぎっぱなしにしているといつの間にか接続が切れていてもったいない気持ちになることがあります。平日であれば通勤時間が一時間以内のため困ることはありません。私の場合は持てるポケモンやアイテム数の上限が近いので時々チェックが必要で、そのついでに接続状態も確認するようにしています。 他に例えばポケモンの自動キャッチをOFFにした場合、アイテムは自動取得してくれるんですがポケモンを見つけた通知がされます。その時にオートキャッチ側のボタンを押すとポケモンゲット出来るんですがボタンを押さないといつまでも通知してきます。その間はアイテム取ってくれないみたいなんですよね。個人的にはアイテムゲットを優先してほしいなと。 それからスマホのアプリ画面を開かないとタマゴはかえりません(かえったことがわかりません)たぶんオートキャッチ側に通知機能はなかったはずなのでこちらも定期的にアプリ側で確認が必要です。 かなりうれしい機能としてはジムバトルなどをしている最中でもアイテムを取ってくれる点です。ほんとに赤ボールがすぐになくなるので少しでもアイテムを多く取れることは助かる点です。(使ってみたらわかります)電車や車で移動中も速度が速すぎなければ勝手にアイテムやポケモンをゲットしてくれる点もいいですね。常にGOアプリ開いているよりスマホ側の電池の持ちがよい点もプラス査定ですね。今後発売されるNINTENDO Switchのポケモン用コントローラーはGoPlusとしても動作出来るということなのでオートキャッチもしばらくは締め出されることなく使えるのでは?と勝手に思っています。GoPlusは全自動ではないので買うならやっぱりオートキャッチかと思います。 Pokemonオートキャッチの最安値はこちら    

Pokemon GOのオートキャッチが届いたよ

Pokemon GOのオートキャッチが届いたよ

せっかくだからポケモンGOもっと楽に楽しみたい 浅く長くPokemon GOをやってるんですがながら歩きしちゃうのでPokemon GO plus買おうか悩んでました。 【新品】ポケモンGOプラス ポケモン GO plus 価格:5870円(税込、送料別) (2018/5/4時点)   でもこれ持ってるのは流石に目立つしいちいちボタン押したりしないといけないしすでに生産終了みたいな記事もみたし。。なんか解決策はないかなー そんなときに見つけたのがこれ。 ポケモン GO 用 ポケットオートキャッチ ios11 最新バージョン対応poket monster cyberplugs 価格:7950円(税込、送料無料) (2018/5/4時点)   これなら見た目もフィットネスバンドっぽいし、何より全自動。ペアリングできたらあとは何もしなくていいらしい(一時間に一回再接続は必要らしい) ただplusと比べてそこそこの値段します。定価だと9000円とか。もっと調べると こんなのもありました…え?デザイン違うだけじゃん?いや、実は2つは製造元が違う別物らしいです。前者がイギリス製のオートキャッチ。後者が香港製のgo tcha。後者のほうが安く手に入りますが偽物があったりすぐ壊れるというレビューが目立ちます。2000円は保険と考えて前者を購入しました。 オートキャッチ使用前の準備 1.スマホのBluetoothをON 2.pokemonGOのアプリを起動する 3.画面下のポケモンボール??のボタンをタッチ 4.画面右上に出てくる「設定」をタッチ 5.画面下部の「pokemon...

iQOS(アイコス)が壊れたときの便利アイテム

iQOS(アイコス)が壊れたときの便利アイテム

思ったよりiQOSって壊れやすい 初代のアイコスを買って保証期間の一年の間に2度壊れました… 1.蓋パカパカ現象 バッテリー側の蓋がしまらなくなる。よくネットでも見かけると思います。今更ですが爪が壊れるみたいですね。 2.充電されてない現象 カートリッジ(タバコを挿す方)をチャージャーで充電したのにいざ吸おう!と思って取り出すと赤ランプ。つまりは充電されてない状態。これって喫煙者からするとかなりテンション下がる。。 実際は一年の保証期間内だったので無償交換してもらいました。(アイコスの保守は電話さえ繋がればそのあとの対応はめちゃ早いのでみなさん、正規で買って製品登録を必ずしましょう) 保証がないときは? 一年過ぎた!とか製品登録できない!とかいろんな事情で保証がない場合、どうするのか。充電できないような場合は買い換えしかないですが蓋パカパカのような壊れかたなら便利グッズがありますので紹介したいと思います。 蓋を止めるツール これをつかえばきっちり蓋がしめれるから万が一壊れたらこれで対策できるはず! 蓋を強制的に閉めれるケース すこしサイズがでかくなっちゃいますがしっかり蓋をロックできるしハードケースなので傷や破損からIQOSが守れます! ちなみにIQOSグッズ眺めてて破損とは関係ないけど気になったのはこれ! みためスマートだし安いからこれはきっと買っちゃいますね。 ではでは。

Bluetoothイヤホンがほしい

Bluetoothイヤホンがほしい

突然Bluetoothのイヤホンがほしくなった。 ということで色々調べてみた。右耳用と左耳用がコードでつながっているのをイメージ してたのに最近は「完全ワイアレス」というものが出てきているようで。防水機能だとか連続再生時間だとか、気にすべき機能はそんなとこ。中国製でも安ければお試しってことでいいかなと。 購入の候補は Beat-in ワイヤレスイヤホン Stick(ビートイン スティック) LUCOG  Bluetooth イヤホン Abusun Bluetooth 4.1 ワイヤレスステレオイヤホン スポーツイヤホン 独立型がいいんだけど、落としてなくしそうな気がして心配。値段的には高いのに。。 値段的には1万円以下がいいなぁと思いつつ、どれにしたらいいかいまだに悩んでる。

iPhoneからAndroidに乗り換えてまずやったこと(再編集)

iPhoneからAndroidに乗り換えてまずやったこと(再編集)

以前以下の記事を書きましたがあらためて乗り換えた時にやったこと(特に使い勝手に関わる部分)について書きたいと思います。 iPhoneからAndroidに乗り換えて最初にやったこと 通知関連のアプリについて ロック画面に通知を表示するアプリについて。SlideLockを使っていましたがどうもあの大きなアイコンが目につくのと、同じアプリからの通知がまとまってしまう(最新の通知だけ表示されてしまう)のがイヤで色々試していましたが、今はエコーロックスクリーンを使っています。見た目もシンプルだし通知は全て表示(LINEが連投されても全て表示)するし、カテゴリごと優先順位がつけれるので無通知は嫌だけど音はいらないとか出来て便利! (今は一時的にLolipopデフォルトのロック画面使用中) ホーム画面(ランチャーアプリ)について 引き続きGoLauncherを使っているんですが途中でNovaLauncherPrimeという有料版に変えました。理由はアイコンバッチが消えないから。特にLINEですが未読があるとバッチで通知はしてくれますが既読にしてもバッチが消えません。結局Go Notifierを再起動しないとどんどんカウントアップされていきます…ということでPrimeに変えてついでにMisseditというこちらも有料のアプリと組み合わせて使っています。今のところ調子良い。 写真のバックアップ 今もCloudgooを使っています。が、最近本体の空き容量が少なくなり写真の保存先をSDカードに変えたところ、残念ながらSDカードに移動した写真や動画は監視の対象にならないらしく全くバックアップしてくれません。目的がバックアップなので本体になければいいかなと思いつつ、SDかクラウドか悩んでおります。。Quikpicって画像管理アプリを入れてたんですが、無料のクラウド1000GB!?を提供しているらしいのでそこにバックアップしようかなぁ。。Googleのアプリも無制限に保存できると話題だけどなんか勝手に公開設定になったりしないかなぁと心配。。。 結局写真のバックアップはSDカードに移してるだけでよいクラウドサービスが見つからず。。 Androidにはマナーボタンがない(から手軽にマナーONOFFしたい) これってiPhoneから乗り換えた人ってみなさん気になるというか不便な点だと思うんですがどのように対処していますか? 今まで私はずっとマナーのままでした。ただ、仕事やプライベートで家にいるときは音を出したい場面が多く、でもいちいち画面から切り替えるというのも面倒で。。 これを解消するには自動化しかない!と。いろいろ調べてみるとTasker というアプリかAutometeitというアプリがよさそうです。前者は有料、後者は無料。位置情報を使って「自宅圏内に入ったら自宅のWifiに接続する」「そのWifiに接続されているときはマナーモード解除」というレシピを作ったんですがどうも位置情報を使った動作が芳しくないです。。15分おきにチェックするはずなんですが結局自宅に帰って1時間半後ぐらいに動作してしまう状態。そこでWifi自動接続はWifimaticというアプリにお任せしています。必要なWifiのSSIDを登録しておけばスマホのWifiをOFFにしておいても勝手にONにして接続してくれます。 これでようやく自宅に帰ったら自動でWifi接続してマナーモード解除ができる!もちろん自宅から出たらWifiが切れてマナーモードになります。

タブレットとしても使えるパソコン(2in1)が欲しい

タブレットとしても使えるパソコン(2in1)が欲しい

iPadminiの立ち位置がいまだに決まっていないのです… Mac、Androidスマホ、iPadminiを持っていますが、いまだにipadminiの立ち位置が微妙です。たまに動画見たり、dマガジンで本読んだりぐらいかなぁ。AppleはiPadとMac両方売りたいから2in1は出さないという噂もあるのでそろそろWindowsに戻ろうかなと。そこで最近Windows10の2in1PCを物色しています。 条件は 2in1(キーボードつきのタブレット)であること。 13インチ程度のサイズであること。 キーボードとタブレットをドッキングした場合は見た目が完全なノートPCになること。 ドッキングした場合は膝の上でタイピングできること。 CPUはAtomでないこと。 見た目がシンプルでカッコ良いこと。 この条件を満たすものを探していると、毎度惜しいのがSurface。見た目もかっこいいしサイズや値段もかなり良い。ただ、ドッキングした時に完全なノートPCになりません。これはイコール膝の上でタイピングできるという条件も満たさないことになります。個人的にPCを外に持ち出すことはほとんどありませんが、いざ持ち出すような状況になると移動が多い場合など、きちんとした机がない状況が多いので膝の上でタイピングできるという条件はかなり重要なものでした。格安のタブレットや2in1タイプにありがちなのが、ケース一体型のキーボードが付属し、ケースを折り紙のように折ってタブレット部分を固定するというもの。これも「膝の上で〜」の条件を満たさないので基本的にNGでした。さてそんなヘンテコ厳しい基準を満たす2in1はどいつだ? Surface Book 突如一番手に名乗りを上げてきました。モニターサイズや2in1というコンセプト、スペックどれを取っても今の所NO.1です。本当ほしい。。来年が待ち遠しいですね。 mag.kakaku.com Transbook Chi T300 SurfaceBookが出るまでは堂々の1位でした。実機n持った時に少し重いなと感じましたがその他のところで不満な点はありませんでした。Transbookシリーズは8インチ10インチ13インチの3種類がありますがこの13インチがベストなサイズ。 www.itmedia.co.jp Macbook ちょっと例外なんですが最新の劇薄Macbookはかなり魅力的に見えます。薄いし見た目もかっこいいし。OSがWindowsでないことは全く問題ないのですがタブレットにならないというところが非常に悩ましい。。。ゴロゴロしながら使う時にはタブレットで使いたいんですよね。。一説によるとAppleはiPadを売り続けるために2in1は絶対出さないと言われてますし望み薄なんだろうなと。。MacってOSの見た目、機能の進化がすごいですよね。新しい文字変換の仕組み使ってこれを書いていますが一つの文章を打つのにスペースを押して変換をせずにガァーッと打てばほとんどの場合きちんした文章が打てます。便利。話は逸れましたがMacはほんと魅力的。 MacBook – Apple(日本) 候補は少ないんですが今検討に入っているのはこの3つだけです。これから2in1タイプがどんどん出てくるのを祈っております。。